So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

博士のメカメカ大作戦 新カード評価2(闘技場) [メカメカ評価日記]

また新カードを評価する日々が始まるお・・・

10点:バケット1上位カード、やばい
9点:バケット1下位カード、つよい
8点:バケット2くらい
7点:バケット2.5くらい
6点:バケット3くらい
5点:2/2/3とか2/3/2とかの割と普通にいい感じ
4点:3/3/3とかくらい
3点:まだいける!
2点:つらい
1点:ゴミ中のゴミ、キングオブゴミ

《造園》(ドルイド)7/10
造園.png

なかなかやりますね
《生物学プロジェクト》を見たときはどうなるかと思いましたが、まあそれなりの呪文が入ってきて一安心といったところです。
新しく追加されたトレントシナジーの根幹をなすカードですし、《野生の力》《獰猛な咆哮》などの既存カードとのシナジーも大きいため、優先して集めていくことになるカードです。



《樹木学者》(ドルイド)6/10
樹木学者.png

割と条件はキツイものの、ドルイドの呪文は強力なものが多いため、バリューカードとしての質はかなり高いです。これからトレント系カードがさらに追加されるなら、評価はもっと高くなるでしょう。




《マルチマンチャー》(ドルイド)9/10
マルチマンチャー.png

8/8急襲ですが、死んだトレントの分安くなるので、《造園》を一発でも撃っていればその時点で《電撃デビルサウルス》より強力です。《動き回るマナ》なんて撃った日には宴。トレントシナジーは低迷気味な闘技場ドルイドを復活させる原動力になりえるかもしれません。




《プルンプルン・プルーフ》(ドルイド)8/10
プルンプルン・プルーフ.png

構築では壊れることがすでに約束されているような感じのカードですが、アリーナでも普通に雄叫びや断末魔と組み合わせるだけで結構強いので、なかなかいい感じにやれるかと思います。




《忠実ロボ・ルミ》(中立)3/10
忠実ロボ・ルミ.png

いくらなんでも軽すぎます。《素体フレームロボ》《刈入れゴーレム》と合わさるとかなりうざくはありますが、それだけでしょう。



《兵器化ピニャータ》(中立)8/10
兵器化ピニャータ.png


まず4/4/3というサイズがそこそこ取り回しがよく、種族・メカであることもいろいろな恩恵を受けられて強力です。さらに、レジェンドは当たり外れの差が激しいものの、上ぶれた場合かなり爆発力があって問答無用でゲームを拾える場合があるなど、ポジティブな要素が多いのが魅力です。リソース系カードとしては上等でしょう。




《ラボの採用担当者》(ローグ)5/10
ラボの採用担当者.png

基本的にバニラと考えるのが良いでしょう。終盤に強いカードをコピーできたら、デッキのドローの質が上がってちょっとだけバリューカードとしての働きができます。一応こいつを使った後《エルフの吟遊楽人》を使えば埋めたカードがそこそこな確率で手に入るので、コンボ的な感じにはなります。ただまあ、効果はそこそこ有用な場面自体は多いのですが、狙いすぎるのは良くない系のカードなので注意が必要です。






《ケンゴーの無限軍団》(パラディン)6/10
ケンゴーの無限軍団.png

ちょっとさすがに条件がキツイですが、割と大きくて強いメカは多いため、そこそこの評価はあげられそうです。軽いメカも「超電磁」を使えば安心。



《スーパーコライダー》(ウォリアー)3/10
スーパーコライダー.png

なんか、プチ《裏切り》をいっぱい使えます。いやまあ処理は《突然の裏切り》ですが・・・。最初ローグのカードかと思った。実際、クソ・エピック武器なので実質ローグのカードのようなものなのかもしれません。




《Astromancer》(メイジ)9/10
Astromancer.png

なんかすごいカード。効果が《無貌の召喚師》を思い起こさせるので、禁止前にアリーナをやってた人は否が応でもちょっと鬱な気分になると思います。
普通にしててもそれなりのミニオンを出すのでそれなりに強力ですが、手札の減りにくいエレメンタル系アーキタイプや、《亡霊の書》などを使うデッキの場合にかなりの効果を発揮します。あとは《蒼白の召術師》《毛むくじゃらのミスティック》など、手札を水増しできる系のカードとは相性が良いです。当然ながら、速い系メイジとの相性は悪いです。




《予想外の結果》(メイジ)3/10
予想外の結果.png

さすがにハズレが多すぎる割に上ぶれがしょぼいので弱いです。たまにすごいですが・・・。
スペルダメージが乗れば割と強そうには見えるため、《タスカーの漁師》あたりがあったらちょっとは考えてもいいかもしれません。




《デッドリンガー》(プリースト)7/10
デッドリンガー.png

プリーストにとって、軽くてテンポをあまり損なわずにリソースになれるカードは有用です。《棺桶クラッシャー》のコンボパーツを集めるのにも使えるため、結構よさげです。



《無謀な実験者》(プリースト)4/10
無謀な実験者.png

まあ5/4/6バニラと思ってさしつかえないかと思います。たまに《結晶体の託宣師》《デッドリンガー》あたりが手札にだぶついている場合に変換できるくらいです。《デビルサウルスの卵》は知らん。



《Omega Medic》(プリースト)6/10
OmegaMedic.png

3/3/4です。まぁ3/3/4ってだけで結構強いですし、10マナ時点での10点回復はさすがに回復しすぎで、ハンターとかローグ、メイジあたりの早いデッキに対する受けを成立させられるため、結構バカになりません。



《オメガ・エージェント》(ウォーロック)10/10
オメガ・エージェント.png

このミニオンのコピーを2体召喚する。

????

このミニオンのコピーを2体召喚する。

????????????????????



効果発動は10ターン目以降になりますが、5マナで4/5を3体展開できます。フィニッシュ手段として恐ろしいほどまでに強力な上に、5マナしか使わないのでめちゃくちゃな盤面を作りながら他の行動を行えます。かなり意味不明です。ライフタップとか《冒涜》とかの処理を行いながらこいつが出てきたら憤死ものですし、《影の炎》なんか1体潰して4点全体除去を飛ばしながらも4/5が2体残ったりして、もう宇宙以外の何物でもありません。意味不明。意味不明






《悪魔化プロジェクト》(ウォーロック)1/10
悪魔化プロジェクト.png

向かい側から《卑劣なるドレッドロード》を飛ばされたくなければ、おとなしく構築で使っておきましょう。



《自動防衛マトリクス》(パラディン)3/10
自動防衛マトリクス.png

《救済》《身代わり》と同じタイプで、やってることはそんなに悪くないけどデッキに入れちゃうとリソース切れが激しくなるタイプのカードです。《救済》とはめんどくさいタイプの二択になってはいるので、《水文学者》の強さはちょっと上がりそうです。




《狂気の天才ドクター・ブーム》(ウォリアーローグ)10/10
狂気の天才ドクター・ブーム.png

ローグがなんかたまにウォリアー相手に手に入れるカード。さすがに強い。



nice!(1) 

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。